FC2ブログ

ANAのバニラエア

エアアジア・ジャパン(JW)は、10月の運航停止後に全日空(NH)の100%子会社の“バニラ・エア”として再出発するのですが、それに伴ってエアアジアがセール中です。

路線計画などは9月下旬の発表を予定。

幅広い客層をターゲットとして成田を拠点にレジャー、リゾート路線に特化し国際線に注力していく方針を表明。当面はエアバスA320型機で就航可能な短距離路線に就航するが、将来的には中距離、長距離路線もNHのマルチブランド戦略の中で検討していくという。

当面は近距離路線のアジア方面でしょうか。

運賃は「最低でも大手の半額」を念頭に置いている。

安いと感じるのは1万円以下で乗れることですし、そのくらいで乗れたらうれしいんですが、受託手荷物や機内食は有料だと思うし、利用するには乗る側のしっかりした計画や予算と付加価値で選んだほうがいいでしょうね。

定時運航率を高めて遅延率や欠航率は低くするようですが、さてどうなるのでしょう。

新しいタイプのLCCを目指すとも言われています。どこまで日本人に受けるサービスか期待したいところです。
日本人なら短い旅程での利用が考えられ、遅延や欠航が多いと、既存の少々高くてもANA便やJAL便の利用しようと考えるでしょう。
関連記事
スポンサーサイト



コメント
コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する